川崎市中原区武蔵小杉・新丸子/首・肩の痛み,頭痛の専門整体院|中原カイロプラクティックセンター 石田整体院

あなたの悩みをとことん聴ききり、身体と心を両面からサポートする

中原カイロプラクティックセンター 石田整体院

スマホの方は、ココをタップ

044-434-0751

TOPGAZOU
痛みとパフォーマンスについての関係性②

~コラム~ 痛みとパフォーマンスについての関係性② 2017年7月版

前回は『痛みを感じている時の仕事の効率』といった部分にスポットを当てて記事を書かせていただきました。

肩こりや腰痛を感じていると、約34.7% 仕事の効率が落ちる。。。

もっとロスを無くしませんか?そんなご提案でした。

 

今回は、その続きになります。

 


まず、ではナゼ痛みやコリが発生してしまうのか?

それは、慢性的な疲労の蓄積に他なりません。。。

 

疲労が蓄積すると、筋肉は徐々に機能が落ちてきます。

筋肉の主な役割というのは、『身体を支える』『身体を動かす』『物を持つ』そして『血液やリンパ液のポンプ』等があります。

 

その一つ一つの役割が、うまく働かなくなってしまったら。。。


身体を支えるのがしんどい

身体を動かすことがツラい

物を持つことが疲れる

そして、血液やリンパ液の流れが悪くなる(>_<)

 

このような負の連鎖が生じます。


そうなると起きてくるのが・・・

 

 

 


筋肉の機能低下

 

 

 

疲労の蓄積が、筋肉の機能を低下させ、その結果として『ある一部分の筋肉』に負担がかかり続ける。。。

 

その、負担がかかり続けたその箇所に、痛みやコリが発生してしまうのです。

 

 


ただし、それは筋肉にかかった時の話。


人によっては、その疲労の蓄積が『内臓』かかることもあります。


また、別の人には『精神』にかかってくるケースもあります。

 


筋肉に負担がかかれば、『肩がこった。。。』『腰が痛い。。。』といった症状として出てくるでしょう。

 

しかしながら、その負担が内臓にかかった時はどうでしょうか?

また、精神的にその負担がかかってしまったら・・・

 

当然ながら、内臓に負担がかかり続ければ『内臓疾患』

精神的な部分にかかり続ければ『精神疾患』


となります。。。

 

 


実は全て紙一重の状態にあるのです。

 


人は、痛みが出たら、病気になったら、精神が病んでしまったら、、、

どうするでしょうか?

 

 

 

大抵の人は病院に行くでしょう。

 

病院に行ったらどうなるか?

 

十中八九、『症状を消す』ために薬をもらうと思います。

 

一時的に薬を飲んで、解決されればそれで良いでしょう。

 

しかし、ほとんどの場合はそれで解決することは無いのです。

なぜなら、薬は症状を感じさせなくする物であり、決して『治す』物ではないからです。

 

痛みを抑える為

血圧やコレステロールの数値を下げる為

一時的に精神状態を落ち着かせる為


そんな為に薬があるのです。

 

薬を飲んで、痛みが緩和されなかったら、数値が下がらなかったら、、、

更に強い薬が処方されます。

 

薬は、身体に強い負担をかけます。

それを飲み続ければ。。。

効かないからと、更に強い薬を飲み続ければ。。。

 

前述のように、あらゆる症状の原因のほとんどは疲労の蓄積によって、負担がある箇所に負担がかかり続けることで起きる機能低下にあります。

 

薬で、機能低下を解決できるでしょうか?

 

 

むしろ逆です。

 

身体に負担をかけ続け、治すどころか更なる機能低下を生じさせ、人間の『治る機能』を奪ってしまうのです。

 

そうなると、痛みは・・・病気は・・・心の問題は・・・

自分自身で治す力を失い、かえって悪化します。

 


まさに負の連鎖です。


このようなことを防ぐにはどうしたら良いでしょうか?

 

 


これを防ぐするには、普段からのケアが必要です。

 


姿勢や運動といった身体の外の問題だけではなく、食事・水分、心の問題


全てにおいてのケア、健康管理が必要です。

 

真の健康とは何か・・・

 

WHOでは健康について、こう定義しています。

健康とは、病気でないとか、弱っていないということではなく、肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが満たされた状態にあることをいいます。

 


健康とは・・・一度ご自身にも問いかけてみてください。

難しくてよく解らない・・・そんな方は一度ご相談ください。

 

 


今回もお読みいただきありがとうございます!

CONTENTS

お問合せはこちら

  • こんな症状でも施術を受けて良いの?
  • 結局、料金はいくらかかるの?
  • 痛いことされそうで怖いんだけど…

他にも解りにくいこと・不安なことは遠慮なくご連絡ください。お待ちしております。
遠慮は改善を遠ざけます!

お電話でのお問合せはこちら

スマホでご覧の方は番号をタップ

044-434-0751

【受付時間】
  平日 AM10:00~PM10:00
土日祝日 AM10:00~PM8:00

休業日:不定休(休業日を確認する

メールでお問合せをいただいた方へ

いただいたお問合せには、遅くとも翌営業日には返答させていただきます。
(土日祝日は、もう少し遅くなる場合があります)

尚、お問合せの内容によっては、こちらからお電話をかけさせていただくこともございますので、その旨ご了承お願いいたします。